*maternity

*maternity

スポンサーサイト
CATEGORY : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--)  »»EDIT  »»PAGE-TOP↑

桑実胚移植*D20

今日は無事に受精卵が育っていてくれれば移植です。

結果、ひとつだけ頑張ってくれていた受精卵は桑実胚になっていました。
よかったー

そして移植の準備に入ります。
この病院では移植の時にも病院の手術着に着替えて、採卵室で移植します。
以前の病院では安静室のベッドで移植でした。
もちろん先生や看護師さん達もしっかり緑色の手術着です。

腹部エコーを見て先生が一言
「全然足りません」

あ...コップ一杯の水じゃダメだったか...

「食塩水を足しますね」

え...?足す?

そんなに大きな管ではないと思いますが、導尿されてしまいました。
何だかむずがゆいような気持ち悪い感覚と共に、膀胱がぱんぱんになってきました。

「はい。止めて」

膀胱にたっぷり水が溜まってから移植。
エコーのモニターを見ていたら、白い受精卵が見えたような気がしました。
その後受精卵が入っていた管に、卵が残っていないか確認して終了。

「では、抜きますね」

今度は膀胱から水を抜いてくれているようです。
ほとんど感覚はわかりませんが、ちょっとずつ軽くなっているような...恥ずかしい

ストレッチャーで隣の安静室に戻って、ベッドの上で1時間横になってから帰宅します。

2008-04-02(Wed)  »»EDIT  »»PAGE-TOP↑
baby&kids Platinum


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。