*maternity

*maternity

スポンサーサイト
CATEGORY : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--)  »»EDIT  »»PAGE-TOP↑

妊娠判定結果*D33

3日前の血液検査の結果を聞きに病院へ。

この3日間、市販の妊娠判定薬を使いまくりましたが、一応全て陽性を表示。
でも問題はHCGの数値です。

先生がワタシのカルテをPCで開いて...
検査の結果はどこだ?と目を凝らしていると...


HCG 150


100以上あれば大丈夫なのかな?と思っていたので嬉しい。
勝手に覗き見して「あ、すごい」と声に出してしまった。

それを聞いて、先生がPCに向かったままで笑った?と思う。
相変わらず何も言ってはくれない先生だけど、ちょっと嬉しかった。
その後看護師さんとカウンセリング。
前回と同じ看護師さん。
そして同じく今回も質問攻め。


看護師さん:「今どんな気持ち?」

ワタシ:「まだ喜んじゃいけないと思ってます」

看護師さん:「それはどうして?」

ワタシ:「浮かれてるみたいで恥ずかしいような...」

看護師さん:「誰に対して恥ずかしいの?」

こんな感じです。
カウンセリングってこんな風なものなのかな?
色々聞かれて、答えを探すうちに自分の本心が分かるとか?

ついでに、今日血液検査がなかったことを不安に思うと話してみる。

超音波写真
すると今日の超音波写真を見てくれて、
「卵巣でっかいねー。
これは妊娠してる大きさだよ。
大丈夫」と言ってくださいました。

5.1cm×3.2cm

確かに大きいみたいですね。
やっぱり軽いOHSS?
ワタシにとってはOHSS=妊娠継続の安心材料です。

もちろん症状が軽いから言えることで、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)で卵巣が破裂したり、腹水や胸水が溜まる危険なことだということは承知しています。

2008-06-27(Fri)  »»EDIT  »»PAGE-TOP↑
baby&kids Platinum


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。